住宅ローンを借り換える理由

banner

ローンの借り換えを検討

最近の住宅ローンは低金利のものが多くなっています。
中には金利が1%や、それ以下になるものもあります。
大抵はキャンペーンなどで、期間中のみがこういった低金利になる場合がほとんどです。
こういったキャンペーンは定期的に行われ、多くの人はこういったものを利用したくなるでしょう。
なぜなら金利は低ければ低いほどいいからです。
しかし、実際にはこういった低金利キャンペーンを利用するとお得はならない事がほとんどです。

キャンペーンが終了したら高金利になったりと何かしらの条件がありますからね。
もし超低金利の住宅ローンを組んでいる人がいれば、ローンの借り換えを検討した方がいいかもしれません。
超低金利の住宅ローンの目的としては、超低金利のうちに多くの人にローンを組んでもらう事です。
超低金利期間でもうける事が出来なくても、期間が終われば多くの人から利息を得られるからです。



超低金利はその金利の低さにばかり目がいってしまいます。
そのため期間に関してはあまり気にしていない人がローンを組んでしまいます。
しかし、こういった低金利は基本的に2年程度で終了し、その後は変動金利になります。
そうすると2年間は少ない金額を返済していたのに、急に返済額が大きくなるという事になります。
計画していなければ生活に困るかもしれません。
こういった超低金利のローンは借り換えが出来ない場合もあるようです。
しっかりと検討して出来るならば変更した方がいいでしょう。

固定金利型と変動金利型


住宅ローンには固定金利型と変動金利型があります。
変動金利型のローンを組んでいる人は未払い利息が発生する事がある事を知っておきましょう。
変動金利は固定金利より金利が安い傾向にありますが、金利が上がった場合には支払いが多くなるというリスクがあります。
変動金利型の特徴として5年間返済額が変わらず、返済額が増えたとしても1.25倍までというルールがあります。
そのためローンを組んでから5年間は返済額が大きく変わる事はなく、安心して返済する事が出来ます。
金利が変動したとしても大きな変動にはなりません。
しかし金利が大きく上昇した場合には、利息分だけで返済額を上回る未払い利息が発生する事があります。
金利が上昇した事によって、利息の未払い分が増え、返済が遅れ、返済期間が延び、更なる利息が発生する事が考えられます。
未払い利息が発生した場合には別途支払う必要があります。
未払い利息の支払い方法は金融機関によって異なるので、事前に確認しておく事をお勧めします。
住宅ローン シミュレーションは金利が上昇しやすい状況で組むのはリスクが大きいと言う事がわかったでしょうか。
現在は比較的低金利になっています。
そのため今後これから金利が下がるという事は考えにくく、上昇する可能性があります。
そのため変動金利型のローンを今組む事はリスクが大きいです。
今変動金利型のローンの人は固定金利型に借り換えた方がいいかもしれません。
少なくともリスクを回避する事は出来ます。
住宅ローンは返済期間が長く、金利の変動に返済総額が大きく関わってくるので、リスクを選ばない方法の方がいいでしょう。

http://www.shinseibank.com/powerflex/cam/cam_hl.html
初めてお借り入れの方も借り換えの方も新生銀行の『パワースマート住宅ローン』 | 新生銀行
Copyright(c) 2013 住宅ローンを借り換える理由 All Rights Reserved.